成隆行蟹王府(チェンロンハンシェワンフー)で上海蟹を満喫しました

ゆたつか父さんです。こんにちは。

2018年12月27日時点の情報ですので、ご注意ください。

上海蟹で有名な「成隆行蟹王府(チェンロンハンシェワンフー)」へ行ってきました

「るるぶ」などいろいろな旅行誌で紹介され、食べログでも周辺1位となっています。

 

食べログ「成隆行蟹王府(チェンロンハンシェワンフー)」

場所と外観

こちらの場所です。

宿泊していたシャンハイエディションの裏にあります。

外観はこんな感じで、老舗といった感じのお店です。

 

コースメニュー

こちらの一番安いカニ三昧なコースにしました。

388元(1元18円換算すると7000円くらい)。

スープ・前菜から始まって、かなりの品数が出てきます。

少食な夫婦で食べきれるかな??と不安に。。

 

テーブルとお料理

予約せずに突然行ったので、テーブルの相席しかないと言われ、相席で。。

このような二階のテーブル席でした。

ビールが16元くらいだったと思います。

まずは前菜3品。アイスプラントやチキンなど。

続いて「カニ味噌と米の煮込み」でし。日本のお米の3倍はありそうなプニョプニョしたお米が中に入っています。

左側のスープがピリ辛でびっくりでした。

「カニの足とアスパラの炒め物」です。

おっ。上海蟹の足がいっぱい入っています。

さっぱり味で美味しかった。

この時点で、メニューの順番とは違いますし、注文順には料理が出てこず、後からきた客に先に料理が出るような状態です。

お国柄だと思ってあきらめましょう。

「カニ味噌入り豆腐の煮込み」です。 

そして、メインの「上海蟹の蒸しがに」です。

自分で捌いてもいいのですが、「カットするか」と聞かれて、お願いしちゃいました。

食べやすく捌いてくれます。

ちなみに、メスだったそうです。

ここでメニューの4品目に書いてある「蟹味噌入り車海老のピリ辛炒め」が出てきます。

もうここら辺で、もうお腹がいっぱいに。。。とほほ。。

「蟹肉がけ旬野菜の炒め物」です。

炒飯と担々麺の前に、小籠包が出てきましたが、「温かいうちに食べなくちゃ」という気持ちが先走り、写真撮り忘れ。。

炒飯と担々麺は選ぶことができますが、父さんは「炒飯」をチョイス。

こちらが「担々麺」です。

担々麺好きの妻にはちょっと不満な一品だったようです。

最後は、「生姜汁いり白玉」とキンカンでした。

中華料理店にしては、ギトギト脂っこい感じをイメージしますが、どれも味付けはサッパリめで、日本人に合うんじゃないかと思います。

父さん訪問時も一緒の卓に日本人の現地で働いている方、後ろの席にも日本人のサラリーマンがいました。

現地スタッフにも人気のお店のようです。

おすすめです。

次は、寒い中、少し歩いて夜景を鑑賞しましたので、そちらを公開します。



PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください