中学入試分析会


サピックス主催の中学入試分析会にいってきました。

もちろん、会社を抜け出して・・・。(笑)

文京シビックホールの会でしたが、

すっごいいっぱいお母さんがいました。

ご夫婦できている方もいましたよ。

もちろん、父さんは、ひとりです。

各教科別に分析が行われました。

ちなみに教科別の概ねの説明は以下のとおり。

(算数)

昨年からの新しい動きとして、

典型問題を条件をかえて出題するという傾向が

今年も続いている。

(国語)

学校が求めている学生像を反映した問題が多い。

(理科)

典型題が多い。極端な問題は少ない。

(社会)

世の中でおこっていることを身近に感じさせる出題が増えている。

過去問にとらわれない出題が多くなった。

ざくっというとこんな感じでした。




PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください