お肉を真空パックんしてみました。

真空パックんを使ってみました。

いつもの九州肉屋の冷凍肉を真空にしてみることにしました。

最近、ここの一定期間抗生物質 完全無投与 アンデス高原豚 豚ロースをよく買っています。

というのも、1キロのお肉を好きなようにカットしてくれるので、すごく使いやすいのと美味しいです。

4つにブロックをわけてもらったり、薄くしてもらったりしています。

他にも鳥のささみや無添加ソーセージなどをよく買っています。

さて、本題の真空パックへ。

まずは、ロールをカットします。

カッターがついていて、適当な大きさにカットができます。

カットしたビニールの片方を熱でシールします。

ほんの5秒くらい。

肉を入れてボタンを押すと、空気を吸い出し、シールをしてくれます。

できあがり。

簡単です。

ただ、扉を閉じる時に、両角を結構力を入れて押さないといけないので、力を使います。

あと、パンなどを保存する時には、若干早めにストップしないと、つぶれてしまいます。

結構な幅があるので、置き場所も考えないといけないかもしれません。

ただ、お弁当用のストックを保存するにはとっても便利で、安心で、ストックの保存場所が増やせるという利点はあります。

買ってよかったかも。



PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください